りんごのちょっといい話|食物繊維を豊富に含む「アップルオリゴペクチン」で腸内環境を整えましょう!

りんごのちょっといい話

意外と知らない!?りんごの豆知識をご紹介!

STORY01 そもそもりんごって?

りんごはバラ科の落葉高木の果実で、8月~11月頃まで収穫されています。
日本では 明治8年(1875年)に、内務省勧業寮から青森県庁に苗木が3本配布され、明治13年に結実したのが始まりです。
その後、青森のりんごはどんどん有名になり、現在では生産量日本一として、国外にも輸出されるようになりました。(※1)

りんごは元々暑さに弱く、熱帯での栽培は難しいとされているため、青森はりんごの栽培に適した環境と言えます。
そのため、青森のりんごは高級ブランドとして取引されており、高いものだと数万円~数十万円を超えるものがあります。
※1「平成28年度国内生産量調べ」より、447,800t(国内割合58.5%)

STORY02 りんごと健康について

りんごには「ビタミンA」「ビタミンC」「カリウム」「ペクチン」「ポリフェノール」など、様々な栄養素が含まれています。
その中でも、健康と美容に良いとして注目されているのが「アップルペクチン」です。
アップルペクチンは「りんごの皮」に多く含まれている水溶性食物繊維で、整腸効果や生活習慣病の予防などが期待できます。
健康や美容のお供に!
アップルペクチンが健康と美容に良いと言われている理由は、何と言っても腸内環境を整えてくれることです。
例えば、慢性的な便秘で悩んでいる方は、腸内の悪玉菌が強い状態となっている傾向があります。このような状態が続いてしまうと、善玉菌の働きが低下してしまい、消化不良・栄養不足・免疫力低下につながります。
そんなときに健康や美容のサポートをしてくれるのが、アップルペクチンです。
アップルペクチンは小腸で消化されずに大腸まで行き届き、乳酸菌の餌になることによって善玉菌の働きを手助けすると言われています。
腸内環境を整えることは健康・美容の第一歩に繋がるので、食生活が乱れている方やダイエットを考えている方におすすめです。
アップルペクチンを効率よく摂取するには?
アップルペクチンはりんごの皮に多く含まれているため、皮を捨ててしまうのは非常にもったいないと言えます。
しかし、毎日りんごを皮ごと食べるのは簡単なことではありませんし、食べられる数にも限度があるかと思います。
そこで弊社がおすすめしているのが、アップルペクチンを特許製法によって抽出した「アップルオリゴペクチン」です。
「農薬の使用を抑えた青森県産のりんご」のみを厳選し、温水抽出することによってアップルペクチンを活性化しています。その後、低分子化アップルオリゴペクチンの原液をジュース・ゼリーにして、効率良く摂取できるようにしています。
アップルペクチン以外にもりんごの有効成分を多様に含んでいるため、健康・美容を気にしている方は、ぜひ一度お試しください。
CONTACT US!

tel.0172-38-4530

fax.0172-38-4531

【受付時間】平日9:00~17:00 【定休日】土・日・祝・8/10-8/14・12/29-1/3 ※営業電話はお断りいたします
メールフォーム

ページの先頭へ